札幌 すすきの ニコーリフレの1・2・サウナー!おかわりアウフグースでととのう。

札幌 すすきの ニコーリフレの1・2・サウナー!おかわりアウフグースでととのう。

ニコーリフレ

札幌のニコーリフレに行ってきました
ニコーリフレは、サウナ業界でも超有名で全国のサウナ好きが憧れるサウナです

何が凄いかって言うと・・・・
北海道でも数少ないロウリュとアウフグースが体験できるという
希少なサウナ施設なんですね

ニコーリフレ公式サイトはこちら

リフレの入り口はこんな感じ

カプセルホテルのスパ・サウナっていう環境がととのった施設であります
すすきのど真ん中にもあるので、夜のすすきので遊んだ人が利用することも多いですね

ロウリュを売りにしている看板が外にでかでかとあります

アウフグースはいわゆる熱波のことです
リフレではロウリュ(蒸気を発生させること)と熱波(アウフグース)のことを合わせてロウリュという扱いをしていることに、ここで気がつきました(笑)

また、驚くのがアウフグースはドイツ語ってこと
熱波をサウナでやる発祥になった国がドイツで

サウナ、ロウリュはフィンランドなんだけど
アウフグースはドイツ???ってなるんだけど

ドイツは、サウナとロウリュとアウフグースをやる国だってことです

アウフグースは、世界大会もあるほど人気があり
日本ではアウフグースをやる人の事を熱波師と言われてますが、アウフギーサーとも言います

ニコーリフレ

リフレはニコービルの2階〜7階まであるってことで結構大きいんですね〜

無料会員になると、平日限定の短時間プランとかも利用できるんで
かなりお得みたいだ
来るのはメチャ久しぶり、というか7年ぶりくらいかも
まだサウナの入り方を知る前で、すすきので飲んでから寝るために利用しただけだったんで、あまり記憶がない。
だから、すごく楽しみだってことも言えるよね!

エレベーターで4階にあるフロントへ

料金はこんな感じとなってます
男専用の施設だけど、子供も来れるんだな。
知らなかった

早速、会員になって
時間もあったんで5時間1300円を選択して
いざリフレのサウナへ!!GO!

サ道にポスターも貼られてますね
ドラマ サ道ではリフレの支配人の伝説の熱波師であるエレガント渡会さんが出演していました。なぜか草加の健康センターに特別熱波師として登場して
主人公に偶然出会い、偶然熱波を受けるという奇跡的なストーリーがおもしろい。
偶然さんも、右のポスターにおっきく写ってますね。
最高だから、つい撮っちゃいました

この日はたまたま25日だったというのもあり
ニコーDAYのタイミングで来てしまっていた!

だが、しかし。
車で来ていたため、半額の生ビールは我慢だべ。だべだべ・・・

そして、ロッカーで服を全部脱いで
すぐにサウナへGO!!

浴場内は撮影NGなので公式サイトの画像で
混みすぎてて写真なんて取れないんですけどね(汗)
平日なんだけどな。

浴槽は奥に3つ並んであります
左が42度くらいの熱めのお風呂で、真ん中が16度の備長炭がたっぷり入った広い水風呂10人は入れるな。
右が水素風呂で、ぬるめのお風呂。

水素風呂は、ちょうどいい感じのぬるめのお湯で
かなりリラックスできる気持ちのいいお風呂でしたね。

これは、リフレの主役とも言える
ロッキーサウナです

真ん中の奥におっきいストーブとその上に大量のサウナストーンが置かれています
ロウリュは、ここにアロマ水をかけて蒸気を発生させる仕組みとなってました

毎日1時間ごとに、サウナに熱波師が入ってロウリュをしてからタオルを全力で振り回して熱波を全員にやってくれます


熱波の時間になると、サウナ前は5分前から20人くらい並んでました
平日の昼間なのに、サウナ定員25人が毎時間満員御礼という事態になるのは、ここだけではないでしょうか(笑)

熱波が開始されると、ロウリュをしてから部屋全体に蒸気が行き渡るように
タオルをクルクル回して、次に、1人1人順番に3回ずつ熱波を浴びせて行きます
その時に、周り全員で「1・2・サウナー!!」と大きな声と手拍子でやるんです。
めっちゃ盛り上がりますが、拍手と声を出すことで、さらに暑くなる
全員に3回やり終えると、熱波師が「おかわり熱波欲しい人はいますか?」
訪ねてくるので、25人全員が手を挙げます(笑)
その瞬間、熱波師は苦笑いです

おかわり熱波は大体10回をやる人が多いので
熱波師は最初の75回+おかわり250回をやることになるので合計325回
タオルを本気で振らないといけないのです
しかも、体感100度のサウナの中でね。

ですが、さすがベテランの熱波師さんたちです
しっかり全員のおかわりを本気であおいでくれます
僕らサウナーよりも、一番辛いのは熱波師さんだということがわかりました。
本当にありがとうございます

10分ほどの、ロウリュをうけてから
16度の温度管理がせれている水風呂へ全身の汗を流してからドボン!
最高〜♪
水風呂がサウナの主役とも言われているくらい
水風呂に入った瞬間が天国に感じる。

SA-SUKEの初アウフグース感想

僕もずっと、熱波を受けたことがなくて

初めてニコーリフレで熱波をうけてきたんです

1・2・サウナー!!って言う掛け声をサウナに入っている男全員で言いながら熱波師がタオルで熱波を浴びせるという全国でも世界的に見ても凄まじく暑苦しい光景が見れます(笑)

ニコーリフレの有名な熱波師はエレガント渡会さんという
ドラマ、サ道に登場して超有名になりました

残念ながら、エレガントな風をうけることはできなかったんですが、弟子である若手のエキスパート熱波師ランキング1位の「ビーチクキラー」さん
という、ふざけたアウフギーサー名ですけど、彼の最高の熱波をうけることができました

初めて、うけた熱波が「ビーチクキラー」さんの風だったので、めっちゃ我慢の末に16度の備長炭水風呂にザブン!と浸かって2分ほど全身を冷却してから

全身を拭いてすぐに外気浴をすると
1分ほどで、ものすごい覚醒が起き出して全身が宙に浮いている感覚に襲われ当然、気持ち良すぎて完全に意識がどっかに飛んでますた。

その瞬間、脳内は「無」になりリセットされたのがわかりました

これが本当の「ととのう」という感覚なんだってことに身体で理解したんですわ。

今までも、とても気持ちよくなって「ととのう」という感覚になっていたと思っていたんだけど
上手い熱波師の風を受けてからの水風呂→外気浴は全然違います

その後も、別の熱波師のアウフグースをうけましたが

気持ち良かったんですけど「ビーチクキラー」さんの熱波がとても凄かったのがわかりましたね

熱波が最高だってことに気が付いたんですね〜

浴場の外に、熱波師のランキングありました
やはり、レジェンドはエレガント渡会さんだな。
彼の熱波をウケたい。
僕はエキスパート1位のビーチクキラーさんのをウケることができたので光栄だったんですね〜
感謝感謝。

札幌 ニコーリフレのサ飯を食る!

サウナ上がってから、リクライニングスペースへ。
めっちゃ混んでる、何回も言うけど
平日の昼間ですわよ。。

とりあえず、サ飯を食べるために
カウンター席に座り
近くにあった、サウナ漫画を読んでみるが・・・

サウナの入り方は、詳し目書かれているけど
内容が結構破茶滅茶で、これはこれでおもしろいと思ってしまった。
サウナでととのうと、受け入れやすい状態だから、これくらいがちょうどいいのかもしれない。

サ飯は、気になってしまった
ダイナマイトロウリュ麺を注文。

ダイナマイトロウリュ麺

オロポも置かれている、さすがトップサウナー施設だ。

来ました、ダイナマイトロウリュ麺
石の鍋に入っているし、沸騰ブクブクで激アツなのが伝わるかな

一応、中身もお見せします

山椒ががっちり効いていて、舌が痺れる〜
が味も絡みも美味いな
サウナ後だから美味いのか、普通に美味いのか
サウナ入ったら、なんでも美味く感じるから、わからなくなる。

これは、途中でライスが欲しくて注文!

絶対に雑炊になるよね。
これは正解だ。

気がつくと、水風呂で引き締めた毛穴が全開して
汗が吹き出していた
サウナ後に辛いものは、あまりオススメしないかも。

気持ちよくなって、サ飯も食べて
帰ろうと思ったら、リフレのサウナグッズがたくさん売られていた
サウナハットを被っている人も多かったんで、結構愛用している人も多いんだな
ちょっと欲しくなった。

札幌ニコーリフレの設定温度とととのい椅子

サウナ温度通常80度
ロウリュウとアウフグース(熱波)で体感100度
ミストサウナ:40度
水風呂備長炭水風呂 16度 
サウナ前に冷水シャワーあり
ととのい椅子浴場内:6脚
リクライニングチェア:2脚

ニコーリフレの場所

〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西2丁目14番地 ニコービル 4F

ニコーリフレは宿泊は予約サイトからできる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です